薬剤師転職サイトを利用しよう

転職を余技なくされてしまうこともある

転職を余技なくされてしまうこともある | 転職サイトなどを利用するといい | 転職は人生の分岐点

就職などをした場合には、それなりに採用された企業に貢献するため、ある程度、仕事を頑張るという方もいるでしょう。
働くことで、仕事にやりがいを見出すということも大切なことです。
また、薬剤師などの場合でも、仕事をそれなりにこなし、ある程度仕事になれたという方もいるでしょう。
しかし、職場でのトラブルや、人間関係のトラブル、また、家庭の事情などにより、今、している職場にいられなくなることもあります。
自分が原因の場合も考えられますが、別の人のトラブルに巻き込まれてしまうケースにより転職などを余技なくされてしまうこともあるでしょう。

薬剤師転職事情はこちら | 看護師、医師、薬剤師など医療系求人・転職サイト | お仕事委員会

企業で働く薬剤師の調剤薬局への転職

大学を卒業後は、外資系製薬会社で医薬品情報担当者として5年ほど働いていました。
薬剤師の知識を活かしながら、会社で開発された医薬品を病院を回って説明会を開いたり営業活動を行う日々は忙しいですがとても刺激的で、勉強になる日々でした。
しかし、早朝から医薬品卸会社や病院回り、夜は接待や勉強会の準備などで深夜まで仕事が続くこともあり、体力的に厳しい面も多くなり、また女性は妊娠や出産をするとどうしても営業の仕事が難しくなるケースを女性の先輩で数多く見ていたので、二十代も後半に差し掛かる頃になってから、これからのキャリアとライフバランスを考えた末に、調剤薬局への転職を考えるようになりました。
そんな時、大学時代の先輩と会って飲んだ時に「薬剤師の資格を持っているなら、いずれは調剤薬局など臨床に近い現場で働いてみるのもいい経験になると思うよ。
これからもし結婚して子供が生まれた後に、女性にとって調剤薬局はとても働きやすい職場だし。
でも、年を取って育児や家事の合間に初めての知識を身につけて行くのはとても大変。
いずれ薬剤師として働きたいと思っているのであれば、早いうちに転職するのも一つの選択だよ」と言われました。
そんな折、付き合っていた男性との結婚話も現実味を帯びてきて、決断するなら今だと思い製薬会社を退職することに決めました。
未経験での転職は厳しいかなと思いながら転職支援会社へ相談に行くと、割と私と同じようなケースは多いらしく、未経験者歓迎の調剤薬局の求人も多いと担当者に言われました。
特に二十代のうちなら飲み込みの早い人が多いので、ほとんどの薬局では歓迎されるはずだと励まされながら、転職活動を開始しました。
希望条件は、未経験のためしっかり研修を行ってもらえる会社であること、結婚で引っ越しも見据えてなるべく全国規模でチェーン展開をしているような大規模で福利厚生のしっかりしている会社であることを重視しました。
いくつかの求人を紹介してもらい、実際に見学に行ってみました。
白衣を着た薬剤師たちが処方箋を片手にキビキビと働く姿や、患者さんに親切に接して相談に乗っている様子などを間近で見てみると、私もこういう医療現場で患者さんのために働きたいなと憧れをさらに持つようになりました。
そんな中、じっくりこちらの話を聞く時間を取ってくれた会社でお会いした薬局長がベテランママの方で、とても生き生きと仕事の話をしている姿が印象的でした。
家庭生活も両立していてまさに理想で、この人と一緒に働きたいなと思いました。
転職支援会社の担当者にそう話して相談すると、「実際に現場を見学に行って抱いた印象というのは、とても大事です。
条件も合う会社ですし、ぜひ話を進めてみましょうか」と背中を押してくれました。
就職試験として、簡単な筆記試験と役員面談を行い、とても緊張したのですが、数日後に採用通知が来てとてもほっとしました。
未経験ですが、調剤をやりたいという熱意が伝わったのだと思います。
実際働き始めると、最新の医薬品の幅広い知識を覚えなくてはいけないと同時に、保険制度のことや分包機や電子薬歴などの操作、患者さんへの接遇など学ぶことがたくさんで毎日勉強の日々です。
大変ですが、今まで企業にいた時には接したことのなかった患者さんと直に触れ合えるのはとても大きな喜びであり、非常にやりがいのある仕事だと感じています。
職場の人たちも薬局長をはじめとして全員が親切で、時に励ましてくれるのでこの職場で長く働いていきたいなと考えています。
企業を辞めるのは大きな決断でしたが、今は調剤の現場がとても好きですし、薬剤師として働くことができて本当に良かったと思っています。